業務負担減になるデジタコ

デジタコはデジタル式の運行記録計で、メモリーカードに情報を記録するものからクラウドに保存しておくことができるものまで様々な製品があります。様々なタイプのものがあるなかでも現在主流となっているのは、運転中の速度や時間・距離などの情報をメモリーカードに記録するようになっているものです。アナログ式の運行記録計では記録しておくことができなかった情報まで得ることができるほか、データを簡単にプリントアウトして使うことができるのもこのようなデジタコの便利なところです。アナログ式を使用している場合には、チャート紙から情報を読み取るためには知識が必要となりました。

しかしデジタコの場合は、誰でもわかりやすいため使いやすいです。しかし近年登場したクラウド型のデジタコは、さらに利用する人の業務の負担を軽くすることが期待できるアイテムとなっています。メディアに記録するタイプは、そのメディアを持ち帰らなくてはデータを確認することができませんでした。しかしクラウド型のドライブレコーダーなら、遠隔地からリアルタイムで情報を確認することができます。

もちろん位置情報も、リアルタイムで確認することができるので、それまで定時報告をおこなっていた場合では不要になることもあるでしょう。さらに日報が自動的に作成されるものなら、その分の手間や時間を減らすことに繋がります。このようにデジタコは、従業員の業務負担を減らすのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です