【デジタコ】選びで注目すべきポイント

最近タクシー業界や運送業界で連日のように行われる話題といえば、タコグラフの設置と言えるでしょう。年々増加を続ける交通事故を減らす目的で、その事故時の状況やドライバーの交通安全の意識を向上させるタコグラフを、きちんと中型以上のトラック全てに設置するように義務づけが決まったのです。こうした決定は事業運営者にとっては導入費用を捻出し、なければいけないという点ではマイナスではありますが、一方でデジタコが最近大変利便性が向上していると、話題のデジタルタコグラフを導入する良いきっかけという観点ではプラスに働く面があります。紙にデータが記録されていくタイプのものとは異なり、最近は大変利便性が向上しているタコグラフが多くなってきているため、です。

何しろアナログタイプであると、そのデータを読み取るために知識や経験が必要となり、また日誌に書き写す手間などもかかってしまう面があったのですが、そのようなことが一切必要なくなるのが、デジタルタイプのデジタコです。クラウドなると連携して、リアルタイムでドライバーの状況などを把握することなども可能と言えます。インターネットので、しっかりとチェックをして、できるだけ価格の安い商品を選べるようにしておくことが大切と言えるでしょう。どのようにデジタコを使って行きたいかということを具体的にイメージすることで、必要な機能と必要でない機能が明確になり、最小限の導入費用で済ませることが可能になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です