高性能で便利なデジタコ

デジタルタコグラフはデジタル式の運行記録計で、略してデジタコとも呼ばれています。アナログ式のものに比べるとより多くの情報を記録しておくことができるため便利です。様々な製品がありますが、データはメモリーカードやクラウドに記録しておくことができるようになっています。アナログ式のタコグラフの場合には記録したデータの解析をするのが難しいため、知識が無いと読むことができませんでした。

しかしデジタコは運行記録の出力が簡単で、誰でも分かりやすいという特徴もあります。デジタコは車を運転しているときにどの程度の速度だったか、走行時間や距離はどの程度だったかを、記録することができる便利なアイテムです。これを取り付けておけば、法定速度を守って適度な休憩を入れて運転しているかを確認することができます。装着義務がある自動車に取り付ける場合、必ずしもデジタル式のものでなくてはならないということはなく、現在でもアナログ式のものを使用しても良いことになっています。

しかし現在売られている運行記録計は、デジタル式のものが主流です。アナログ式よりも様々な面で優れているデジタコは、人工衛星の電波を受信するGPS機能が付いていて位置と時間の情報も取得することができるようになっています。さらに急に加速したり減速したりした場合の情報も記録されます。加えてアイドリングや、ドアの開け閉めといった詳細なことまで確認できるほどの性能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です