デジタルタコグラフ【デジタコ】で失敗しない方法とは

タクシー業界や運送業界で最近タコグラフの設置が大きな話題となっているのは、ご存知でしょうか。国土交通省が事故抑止の目的で、デジタコが中型以上のトラック全てにタコグラフの設置を義務付けるようになったためです。そのような決定は導入の費用を捻出しなければいけない人たちにとっては、かなり耳が痛いものではありますが、一方で最近大変利便性が向上したと、話題のデジタルタイプのタコグラフを設置する良いきっかけともいえるのかもしれません。デジタルタイプであるとアナログタイプでは記録でしきれなかった急発進急ブレーキ等と言った今からデータまで記録されるようになるため、ドライバーの運転の状況などがより事細かに理解することができるようになるのです。

荒い運転をしているドライバーなどがいれば、的確に運転指導などを行うことができるようになることによって、結果的に燃費の向上などに繋がるという可能性も考えられます。時間のある時にインターネットなどを上手に活用してデジタコの情報をチェックするのもおすすめです。価格は平均的に20万円くらいかかってしまう、ということが言われていますが、的確に機能などを絞り込めばかなり安く導入していくことも、不可能ではありません。安く導入するためには重要になってくるのは、情報をきちんと入手することと言えます。

デジタコが時間のある時にスマホやパソコンそれからタブレットなどを使って情報収集をしておくことは、忘れないようにしておきましょう。デジタコのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です