進化しているデジタルタコグラフ

デジタル式の運行記録計であるデジタルタコグラフは、様々な情報を記録することができる装置です。かつては円形のチャート紙に情報が記録されるアナログ式のものが多く使われていましたが、現代ではデジタル式を使っている会社が多いです。デジタルタコグラフは、走行中の車の速度や運転時間・休憩時間などを記録することができます。また急な加速や減速などの、危険のある運転をしているかどうかのデータも得ることができる装置です。

さらにはGPSを活用して位置情報を知ることができたり、車のドアの開閉回数までチェックできるようになっています。製品によっては、ドライブレコーダーの機能を併せ持っているものもあるようです。ドライバーの安全管理のために使われるデジタルタコグラフは、事故の際には状況を知るためにデータが活用されることもあります。しかし技術の進歩により様々な情報を得ることができるようになったため、ドライバーにとってはストレスの元となることもある装置です。

とはいえデジタルタコグラフの便利さは、ドライバーにとってもメリットがある場合もあります。たとえば簡単に日報を出せるという点です。特にクラウドに情報を保管するタイプのデジタルタコグラフは、自動的に作成できるようになっていることが多いので手間が減らせるというメリットがあります。またクラウド型のデジタコが導入されていると、出発や到着などの定期報告をしないで良くなる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です