デジタルタコグラフとは

デジタルタコグラフとは、車に装着する運行記録計をデジタル化したものです。タコグラフとは運行記録計を意味します。では運行に関係する何を記録するかですが、アナログ式の場合は、基本的には時刻とその時点での速度が記録されます。要するに、ある時点でその車が時速何キロで走っていたのかが分かるわけです。

主にトラックやバス、タクシーなどの商用車で、ドライバーが適切な運転を行っているかどうかを客観的に管理者が把握する目的があります。デジタルタコグラフとはこれをデジタル化したもので、もちろん単純にはアナログ式と同じデータが記録されます。メモリーカードなどを用い、例えば1分単位で、その時点の車の速度を記録することになるわけです。ただ、デジタルタコグラフの場合、速度だけでなくそれ以外の数多くのデータも一緒にまとめて記録できるのがアナログ式との大きな違いです。

特に今の車は電子機器の塊と言ってもよいほど、全体の制御が機械式ではなく電気式、電子式に行われていますから、デジタル的にそれらの情報を記録することと非常に相性が良くなっています。速度だけでなくエンジンの回転数、アクセルやブレーキ、ハンドルの操作履歴などが記録できますし、GPSがあれば位置情報も併せて持つことができるわけです。このような情報の記録により、車に何か不具合が生じていないかとか、ドライバーが無理な運転をしていないかなどが分かり、運行管理に役立てることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です