ドライブレコーダーの魅力

ドラレコとも呼ばれるドライブレコーダーは、運転中の車の映像や音声を記録しておくことができるカメラです。車に取り付けることで、前方や車内の様子を録画できる仕組みになっています。2005年頃から普及しはじめ、初めの頃はタクシー業界や運送業界などで良く利用されていました。しかし現在では、仕事で車の運転をする人たちばかりでなく一般のドライバーにも使われるようになりました。

これほどまでに車を運転する多くの人に利用されるようになったのには、危険運転によるトラブルがメディアで取り上げられるようになりドライブレコーダーの便利さが浸透したことが挙げられるでしょう。運転中の車内・外を記録しておくことが出来れば、トラブルが起こったときには証拠として役立てられることが考えられるからです。近年主流となっているドライブレコーダーは、車に衝撃が加わったときに前後の様子を自動で記録することができるようになっています。また製品によっては特別な衝撃が加わらなくても常に録画し続けるタイプもあります。

またGPS機能がついていて、位置データと時刻も記録することが可能です。このようなドライブレコーダーを車に取り付けておけば、トラブルが起こったときには正確な状況や原因などが分かりやすく事故処理がスムーズになる可能性があります。またドライブレコーダーに記録をしていることで、撮られていることを本人や周囲の車のドライバーが意識し、安全運転に繋がることも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です