ドライブレコーダーの特徴

投稿日:

運転中の映像や音声を記録しておくことができれば、もしも事故が起こったときには客観的な証拠として役立てられるものです。一般的にそのような目的で利用されているのがドライブレコーダーで、最近では様々な製品が一般にも広く使われるようになりました。運転中の映像・音声を記録できるドライブレコーダーは、大きく分けて常時録画できるものと衝撃を感知したときに前後の記録ができるものがあります。常に録画をし続けるタイプはエンジンをかけたら自動的に録画をし始めるようになっています。

録画が可能な時間はそれぞれの製品や使用するSDカードによって変わるのが特徴です。このタイプは保存しておける容量に限りがあるので、いっぱいになったら上書きされることになります。現在主流になっているのは、衝撃を感知したときに記録をスタートさせるドライブレコーダーです。急ブレーキを踏んだときをはじめ、車両に何か起こったときに前後の一定時間の映像や音声を残しておく仕組みになっています。

それほど多くの容量を必要としないのがこのタイプを使用するメリットです。しかしこれら以外にもドライブレコーダーには、常時録画と衝撃感知録画の両方を兼ね備えているものもあります。また自分で録画したいときにボタンを押せば録画できる機能を持つ製品もあります。そしてカメラと本体が一体となっているもの、カメラと本体が分かれているものの2タイプがドライブレコーダーにはあるので、それぞれの点で自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です