ドライブレコーダーにある機能

車両に設置して、運転しているときの映像や音声を記録するために使用されるドライブレコーダーは、最近ではタクシーや運送会社のトラックだけでなく一般のマイカーでも使われるようになっています。また技術の進歩によって、さまざまな機能を持っている製品が販売されるようにもなりました。カメラと記録装置でできているドライブレコーダーの基本的な機能は、運転中の車内や前方の映像・音声を記録するというものです。しかしそれ以外にも色々な機能が備わっているものが少なくありません。

たとえばその1つにはWi-Fiが挙げられるでしょう。この機能を持っている製品は、より手軽に使うことができるので便利です。また最近のドライブレコーダーは、GPSの受信機能がついている製品も少なくありません。人工衛星の電波から、時刻や位置などの情報を取得できるのがこのタイプの製品の特徴です。

この情報があれば、事故やトラブルが起きたと場合の場所や時間をはっきりさせることができるので証拠として役立てられる可能性があります。さらにドライブレコーダーの中には、運転中だけでなくエンジンを切った後でも映像を残せるタイプのものもあります。駐車している間にトラブルが起こったとしても、何が起こったのかを後から確認することができるので問題の解決に役立てられる可能性があるでしょう。そしてドライブレコーダーには加速度センサーがついているものもあります。

この機能がある製品は、衝撃を感知したときに自動で前後の映像を記録してくれます。ドライブレコーダーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です