デジタルタコグラフとは

自動車に設置しておき、運行時間や速度の変化などを記録しておくことができる運行記録用計器がタコグラフです。かつてはアナログ式のものが一般的でしたが、近年はデジタル式の運行記録計あるデジタルタコグラフが利用されることが増えてきています。もちろん今でもアナログ式のものが使われているケースもあります。しかし時代の流れと共に、今後はより一層デジタルタコグラフを使用するケースが増えていくことが考えられるでしょう。

デジタルタコグラフは、車を運転している際の速度や時間、距離などの情報をメモリーカードに記録することが記録することが出来るようになっています。記録しておいたデータを業務の修了後にプリントアウトすれば、簡単に日報を作れます。アナログ式のものと比較すると誰でも簡単に情報を解析することができるため、便利なアイテムです。データから運転の状況や勤務状況を知ることができるので、ドライバーの安全を管理するのに役立つタコグラフは装着義務が決められている事業用のトラックがあります。

これから設置する必要がある場合には、アナログ式のものではなく便利なデジタルタコグラフを選ぶのがよいでしょう。特に近年ではメモリーカードに記録するのではなく、クラウドに情報を保管しておくことが可能なデジタルタコグラフも登場しています。ウェブ上で情報を確認することができるだけでなく、情報をリアルタイムで知ることができるので便利なアイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です