デジタルタコグラフという計器ってなに?

国土交通省が前年の事故の増加を抑制するために、中型以上のトラックにタコグラフの設置を義務付けた事がタクシー業界は運送業界で話題になっています。確かにドライバーの運行状況が正確に分かるタコグラフは、事故の抑制という目的に大きく役立ってくれることは間違いないでしょう。とはいえやはりそれだけ多くの車両に設置しなければいけなくなるということで、その導入費用の捻出が大変になってしまっている企業が非常に多くなっています。とはいえ最近はデジタルタイプのデジタルタコグラフも登場してきたことによって、非常に利便性が向上しているという側面も考えると大下義務化が必ずしもマイナスに働くとは限りません。

しっかりと良い商品を導入することで、むしろデジタルタコグラフで生産性をアップさせたり売上をアップさせるということも不可能ではないのです。しかし一体どういった点に気をつければ良いのでしょうか。アナログタイプであると紙に記録されていくということのために、いちいちデータを日誌などにかけてはいけないという手間がありました。実に人一人ぶんの手間がかかってしまうという側面もゼロではなかったのです。

しかしデジタルタコグラフであれば、パソコンに読み取りやすいデータという形で記録されていくことが言えるので、特にそのように書き写したりする手間がかからないのが大きなメリットです。そのためひとひとりぶんの人件費が削減できます点でもプラスに働きますし、さらにデジタルであるだけにかなり細かな記録も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です