クラウドと連携するデジタコがおすすめできるワケとは

タクシー業界と運送業界で最近話題となっているのかタコグラフの設置についてですが、これはドライバーがどのような落ち着いたかということを記録する計器のことですが、中型以上のトラック全てに設置するように最近国土交通省がルールを決め直したためです。そのような義務化に伴って対応しなければいけない事業会社などは、その導入費用謎の面からコストになってしまうということが心配な方も多いかと思いますが、最近はタコグラフの性能が大変高くなってきているため、結果的に生産性アップを望めるということも考えられるのです。従来の紙に記録されているアナログタイプであるとどうしても、それを読み取るための知識や経験などが必要になってしまうという問題もありましたし、その記録をいちいち日誌などにかけてはいけないといった手間がかかってしまうという問題もありました。しかしながらクラウドを利用するデジタコであれば、データという形でクラウド上にリアルタイムで記録されていくようになるためそのような手間が一切かからないといった点で、人ひとり分の人件費が削減できるということが期待できるのです。

またクラウドを利用するデジタコでは、アナログタイプでは記録しきれなかった急発進や急ブレーキ等といった細かな要素まで記録されるようになるため、事故を起こしやすいドライバーなどがいれば的確に運転指導などを行うことができるようになります。義務化に伴って助成金などが支給されるかもしれませんので、よくデジタコのニュースについてチェックしておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です