デジタコをクラウド化

デジタコをクラウド化させると、走っているときの距離や位置情報がネットで確認できます。社内の担当者がチェックできることによって、配車状況をリアルタイムで見ることができます。なので渋滞情報によって適切な走行をしたり、お客さんの要望によって車両の手配が可能です。配送の計画を作成から送信までできるので、無駄な車両を増やさないで効率化ができるのが魅力。

業務がスムーズになると、人件費も削減できます。デジタコをクラウド化させると、スピードの出し過ぎや急発進などドライバーの適切でない運転に気づくことができるでしょう。発見したときに注意することができれば、交通事故を少なくすることができます。ドライバー側もデジタコをクラウド化することで、業務時間や日報・月報などが自動がすることができるのが便利です。

業務が軽減されるので、残業時間が少なくなるでしょう。定期報告も不要になり、ドライバーがスムーズに業務ができるようになったと評判になっています。どうしても費用の面で苦しいという会社は、単機能型のものを導入するという方法も。しかし多機能型の買い替えを考えているなら、早めのほうがいい場合もあります。

多機能型は、速度が破られた場合のアラーム通知や帳簿作成機能がついています。販売会社に相談して、どのようなメリットがあるか確認しておくといいでしょう。赤外線カメラで夜間の運転も、ドライバーの状態を見れるので安全だという経営者もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です