クラウドと連携するデジタコの効果を三つ紹介

国土交通省が年々増加し続ける交通事故を抑止する目的で、中型以上のトラック全てにタコグラフの設置を義務付けるようになったことはご存知でしょうか。こうした決定はタクシー業界や運送業界に関わる人にとっては、頭の痛い決定と言えるかもしれません。導入費用などの提出が必要になってくるためです。しかし見方を変えると事業全体の効率化を目指す良いきっかけになる、という側面もあるといえるかもしれません。

というのも現在はアナログタイプのアナタコだけではなくて、データとしてクラウド上に保存されていくデジタコも一般的に進化を遂げて、大変利便性が向上しているということが言えるためです。クラウドを利用するデジタコではアナタコでは記録しきれなかった様々な要素なども見やすい形で記録されるようになることは、間違いありませんし、事故を起こしそうな運転をしているようなドライバーがいれば、的確に注意を促すことなども出来るようになります。一度事故などが起きてしまうと信頼を失ってしまうというようなこともありますので、そうしたことを減らす目的でもかなり結果的に売上アップに繋がるということは、間違いなく言えるのです。ただし導入の際は様々な種類がありますので、インターネットなどを使ってしっかりと最適なものを選べるように心掛けていきましょう。

義務化に伴ってクラウドを利用するデジタコで助成金が支給されるというような動きも見せていますので、そうしたニュースもしっかりとチェックしておくことがお得に導入するためのコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です