クラウドと連携するデジタコの種類やそれぞれの特徴

タコグラフというものはタクシー業界や運送業界にとって欠かせないものであると言えます。もちろんドライバーがどのような運転をしていたかということを記録する計器のことですが、最近はこの計器が高機能なものが増えてきていて、結果的に事業の生産性を大きくアップさせてくれるようになりつつあります。タコグラフと言えば円盤状の紙を機器に挿入するアナログタイプのアナタコしか思い浮かばないかもしれませんが、今ではその走行記録をデジタルに処理するデジタコも登場してきているのですが、クラウド上に記録がリアルタイムで保存されていくため、今までのようにグラフをしっかりと読み取らなければいけないというような手間なども必要なくなっています。さらにクラウドを利用するデジタコでは、それを日誌などに書き写すという能力も減らすことができるようになるのです。

さらにはで自宅では記録しきれなかったた急発進や急ブレーキといった情報も記録されるようになり、どのような運転をしているかということがリアルタイムで正確にわかるようになります。それによって、事業の車で事故を起こしてしまうというようなことを減らすことなども出来るようになりますし、燃費などの向上も期待できるようになるのです。交通事故などを減らす目的で最近は国土交通省が中型以上のトラック全てに設置をすることを義務付けるようになりましたが、むしろこうした機会を上手に活用して、しっかりとクラウドを利用するデジタコで事業の効率アップを目指してみるというのがお勧めと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です