ドラレコとは?アクションカメラとは違う!

ドラレコとは万が一の交通事故のために常にカメラを回して映像を録画しておくための商品ですが、価格はピンからキリと幅広く揃っています。万が一の交通事故の場合には、交通事故の映像を残しておくことで、どちらが悪いかをはっきりさせることが出来るため、後々の話し合いの場で大活躍するでしょう。ドラレコとは充電式の商品と常時撮影することが可能な商品がありますが、万が一の交通事故に備えるためには、やはり、常時撮影することが出来る商品を選択することが大切です。常時録画する商品の場合には配線を繋ぐ必要がありますが、現在では誰でも設置することが出来るようにシガーソケットタイプの商品も出回っています。

ドラレコとはことなるアクションカメラを使用しているライダーもいますが、アクションカメラの場合には、自分でスイッチを入れる必要があるため、万が一忘れて走行をした時に交通事故を起こすと交通事故時の映像をカメラに収めることが出来ないと言うデメリットがあります。そのため、アクションカメラではなくドライブレコーダーの使用が推奨されています。アクションカメラは交通事故時の映像を収めることを目的に開発されたのではなく、ツーリング時に撮影をして良い思い出にすることを目的に開発された商品です。そのため、アクションカメラをドレイブレコーダーとしての代用は出来ないと言う考え方が一般的であり、各メーカーも代用品ではないことをしっかりと明記しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です