デジタコの価格を比較して検討することが大事

タコグラフのデジタル版になったのがデジタコで価格は安価なものから高額なものまであり、運行中の走行速度や稼働状況をグラフで数値化して、データ化させて簡単に把握できるようになったものです。運転手が無理な運転をしないで安全運航をしているかや、長時間の運転や休憩もきちんととっているかなど見えなかった作業内容もデータ数値化出来ます。作業の効率化や安全運転のために、2015年4月以降からは最大積載量4トン以上または車両総重量7トン以上の車両には搭載が義務化されてます。近年は価格も異なる色々なデジタコが発売されていて、運行管理機能だと速度・時間・距離の集計が基本で、瞬間加速度・燃費測定、記録での運行支援機能以外にもクラウドで遠隔地でのリアルタイムな運行管理まで行えます。

アナログと比べるとデジタル版は料金が高額になりやすいですが、国交省認定でEMS補助対象となっているので機能性が高くても5万円ぐらいから買える安価な製品も出てきたりと手軽に買える品もあります。ここで気になるのがデジタコの価格が安いと機能や操作が悪いのではないかです。不安を解消するために、複数の機種を比較してみて利用者の口コミなども調べたり、どのような機能を搭載しているかなど事前に確認しておくことが必要です。製品ごとに金額を比べてみて、売上ランキングなども参考に出来ます。

基本的に機能が充実しているほど金額も高くなりますが、目的にあった機能が揃ってないと意味がありません。値段と機能、そして用途なども踏まえて適したものを見つけるのが基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です