デジタコの価格相場について

車の走行距離や速度など、運行した記録を自動で記録しメモリーカードなどへ保存できるシステムをデジタコと言います。昔からあるアナログ式のタコグラフは記録用紙にグラフを書き込みますが解析が難しく、デジタルだとアナログと比べて解析がしやすいです。トラックや車両総重量7トン以上の車の装着が義務化されていて、ドライバーの安全管理を行えて、事故を減らすことにも繋がります。作業の効率化も出来るため装着することで得られるメリットは多いです。

気になるデジタコの価格ですが平均は178、000円ぐらいで、100、000円ぐらいのものが多いですが安いと50、000円からでも買うことが出来ます。時間・距離・速度に特化したシンプルな機能だけ揃っているもので、エンジンをかけると自動的に起動したりと種類も多く目的にあわせて選ぶのがポイントです。シンプルな機能しかないと比較的安価ですが、ドライブレコーダーとの連携や遠隔地からリアルタイムで運行管理が行えたりと、機能が充実している品だと高額です。連動させる運行管理システムの導入費、インターネット回線を使うと月額の利用料金がかかったりします。

価格帯も幅広く維持費でも金額が違うので、各メーカーから出ているデジタコを調べてから用途があっているものを選ぶといいです。デジタコの価格は高額な方が色々使いやすい機能が多いですが、実際は全てに国土交通省の定めてい設置義務を満たす機能はあるので安いからといって問題が起きることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です