価格が高いデジタコは機能が充実している

トラックなどに装着するデジタコは価格が高いほうが色々な機能も付いていて使いやすいですが、全ての製品には国土交通省が定めているタコグラフの設置義務を満たす機能は備わっているので、安いからといって使えないことはありません。本体が高額・安価ではなくて、必要な機能が付いているかを比較してみて選ぶことが大事です。デジタコは価格に関係なく、基本的なタコグラフの機能の運行情報を記録し、その記録をデジタル化して色々なシステムで使えるようにしたものです。値段が高いほど本来のタコグラフにある運行記録機能以外にも、色々な情報を記録出来たり、リアルタイムでデータ通信を行って記録した情報をセンターへ送信する通信機能も備わっている機種もあります。

機能は管理するシステム側が利用するための仕組みがあることで、初めて使えるのでその機能を利用するかで選ぶ端末機も違います。価格が高いデジタコほど機能も多いですが、利用する仕組みを別に作らないといけません。システムなどがないと安価なものを買ってもそれほど違いがないことも少なくないです。選ぶときにも、自社の利用方法に最適かを十分に検討して、それをもとに必要な性能を備えているものを金額に関係なく選ぶことが大事です。

安価なものだと技術の進歩により、性能などもよくて低価格で提供している製品もあります。安いものだと、汎用性があるSDカードやシステムを使用していることが殆どです。専用のカードを搭載するとコストが上がりますが、どれでも使えるメモリーカードや無料のソフトウェアなどを使うとその分金額も下げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です