デジタコのクラウド版は便利です

デジタコを導入するといろいろなメリットがあります。クラウド版を利用することができ、導入の義務化が拡大しつつあり導入している企業が増加中です。以前からアナタコが存在しており、搭載車両の運行距離や速度・時間などを記録することができました。アナタコの場合計測データは円グラフ表示になっていて、解析には専門知識などが必要です。

デジタコなら記録データの解析について専門知識は必要なく、クラウドシステムを構築しておく内容は誰が見ても分かる数値になっていて、線グラフで表示されています。ドライバーにとって操作は簡単で、意図的なデータ改ざんを予防することが可能です。記録するのは運行距離や速度・時間の法定3要素ではなく、急加速やアイドリングの有無、燃費計算やGPS情報など記録することができます。勤怠状況の正確な把握や経費削減にまで幅広く対応することが可能です。

業務内容の質が向上することがあり、仕事が雑な一部のドライバーにとってデジタコは厄介な存在になります。急ブレーキやアイドリング、過剰な連続勤務などすべて記録されるからである。ドライバーのモラルを改善することができたり、業務内容の質向上にも役立つメリットがあります。管理者とリアルタイムでやり取りすることができ、クラウドを活用することによってドライバーと管理者におけるリアルタイムなやり取りを実現することが可能です。

管理者にとってドライバーに的確な指示を与えることができ、一度使用を始めてしまうと手放せないほど便利です。クラウドやデジタコのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です