デジタコが義務化へ!

運送事業を経営している企業は多くの自動車と人材を管理していますが、全ての管理をすることは不可能に近いでしょう。しかし、全てを管理することが企業側の役割となっているため、従業員が何キロ走行して休憩をしっかりと取っているかを把握することは非常に困難です。自動車に乗って仕事をしている従業員は常に会社にいないために上司の目が届かない仕組みになっています。ですが、国が管理をするように企業側へ指導をしているために開発されたシステムがデジタコです。

昔は用紙のタイプのタコグラフを使用していたのが、従業員が不正をするために正確な管理をすることが困難になっているため、多くの企業がデジタコを導入しています。デジタクは車両を使用するたびに設置する必要がなく、車両に標準装備で内臓されているシステムを使用することによって、従業員の出庫から入庫までの時間と休憩時間や1日の走行距離から何キロで走行したかを目視で認識することが実現したのです。ですが、デジタコは任意で企業側が使用するのではなくて、国が法律で義務付けています。デジタコの義務化に関しては全ての車両のみではなくて、タクシーやバスなどの旅客自動車は該当せずに、貨物自動車で且つ、4トン車以上の貨物自動車のみが義務化となっています。

ですが、義務化になっていない業種でも企業側が独自で導入している場合が多く、現在ではほとんどの企業がデジタコを導入していると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です