デジタコ義務化で導入費用に悩んでいる人は

タクシー業界や運送業界に勤めている人であれば、タコグラフという計器を知らないという人はいないのではないでしょうか。もちろん速度や停止していた時間などを記録する、計器のことです。現在はこの計器がデジタルタイプのデジタコが登場し、大変利便性向上してきています。企業の生産性をアップするのに欠かせない存在にさえデジタコはなってきているのです。

かつてのアナログタイプであれば、しっかりと情報を読み取れ手間などがかかってしまうという難点があったものの、デジタコを使うことでリアルタイムで情報が記録されていくようになるため、ほとんど手間がかからないという点で大きなメリットがあるのです。交通事故の減少を目指して国土交通省が中型以上のトラックに設置を義務化するようになったという動きもありますが、必ずしも交通事故の減少が目的なだけではなくて、そうした利便性の向上などといったことも視野に入っているという面が決してゼロではありません。導入の際の平均価格相場としては10万円から20万円程度ということが言えますが、機能を絞り込むことなどによって、アナタコとほとんど変わらない5万円程度から販売されているものなどもありますので、その点についてインターネットでチェックするし無理なく導入を進めていけるようにするのが大切です。最近では国土交通省は義務化に伴って助成金などを支給する動きなどを見せていますので、そういった義務化の話題チェックも怠らないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です