デジタコが義務化されてもコストは下げられる

最近年々増え続ける交通事故を心配した国土交通省によって、中型トラック以上の車両全てに対してタコグラフの設置を義務付けるようになりました。運送業界、タクシー業界などに勤めていれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。こうした国の義務化決定は、確かにそうした企業にとってかなり辛い決定であったということは言えなくもないでしょう。導入の際にそれなりに費用などもかかってしまうためです。

しかしながら現在では、デジタルタイプのデジタコグラフが登場してきており、そうした機能性の高いものにすることによって、結果的に生産性をアップさせることなども難しくないのです。例えばアナログタイプであれば紙に記録されたデータをしっかりと知識のある人が読み取る必要がありました。日誌などにきちんと誰かが隠されてはいけないなどといった点で、かなり手間がかかってしまうという問題点があったのです。しかしながらデジタコであればすぐにリアルタイムでパソコン上にデータが記録されていくようになるため、そうした手間などが入らず労働力の削減につながるという傾向があるのです。

またそのようなデジタコを設置することによって、企業の信用度などもアップし契約などが増えるというような事例も多く見られます。義務化に伴って国が助成金などを支給する動きなども見つつありますので、日々そうして義務化情報をチェックし、できるだけお得に導入していけるように心がけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です