最近義務化されたデジタコの導入方法について

国土交通省は、最近年々増え続ける交通事故などを懸念して中型以上のトラック全ての車両に、デジタコを設置するよう運送業界タクシー業界に義務化要請するようになりました。確かにこのような徹底は、企業の経営を圧迫するものとなりかねないものですが、上手に最新式のタコグラフを導入することで、結果的に生産性をアップさせることなど不可能ではなくなってきています。というのもかつてのアナタコであると紙にデータが記録されていくのが一般的で、そのデータを読み取るのにも知識や経験などが必要でしたし日誌などに可決際などにも一日取り分の手間がかかってしまうといった点で、デメリットがありました。しかしながらデジタルタイプのデジタコであると、そうした手間が一切かからずデータも誰でも読み取れるような形で記録されて行くようになっており、大変利便性が向上しているのです。

義務化とともに上手に導入したいすれば、今まで以上に売上アップや生産性アップなどが見込めると言える程の活躍を見せてくるようになっています。平均価格相場としては15から20万円程度とされていますが、機能などを必要最小限に抑えればアナタコとを変わらない5万円程度の値段からでもデジタコはあります。企業の状態を鑑みて何を設置すべきかということを、丁寧に選択していくようにしましょう。義務化に伴って国土交通省が助成金を支払うというようなことも起こり得るので、是非そういったことのチェックもインターネットなどを活用していくように気をつけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です