デジタコ義務化に悩む企業経営者はどうすればよいか

タクシー業界や運送業界などといった車両を使って企業を運営しているような所にとって、現在デジタコの設置というのが頭の悩まされところとなっています。というのも国土交通省は年々増え続ける事故を心配して、タコグラフの設置を今までよりも多くの車両に対して義務化するようになったさまです。デジタコの導入の際の価格などの捻出が多くの企業経営者にとって、頭の悩ませ所となってしまっているのです。しかし設置するタコグラフの機能性を少し高めることによって、現在ではかなりその生産性をアップさせるということが可能な時代になってきています。

かつてはアナログタイプのアナタコしかありませんでしたが、現在は義務化にともないデジタルタイプのデジタコも登場してきているためです。デジタルタイプであるので、今までのようにいちいち読み取らなければいけないと言った手間や、日誌などに隠さなければいけないなどといった手間を大幅に省くことができるようになり、一人ぶんの人件費などを削減することができるようになっているのです。またクラウドなどと連携することによって、リアルタイムでドライバーの状況などが把握できるようになるため突然入った仕事などの割り振りなどもかなり簡単に行えるようになってきています。結果的に企業の生産性がアップし売上向上などが測れるようなものになっているのです。

最近では義務化に伴って国が助成金などを支給するなどといった動きを見せ始めていますので、是非ともそういった情報もよくチェックし、できるだけお得に導入していけるように心掛けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です